朝の腰痛は寝返りに関係!?【船橋 夏見 なつみ整骨院】

2018年03月31日

みなさんこんにちは。

船橋 夏見・夏見台整体、骨盤矯正、交通事故治療をおこなっております、なつみ整骨院です。

 

朝起きた時、最も身体の状態が良いはずなのですが、腰痛で悩む方の多くが寝起きが特にツライと訴えます。この寝起きの腰痛の原因の一つに、寝返りが関係してます。

寝起きの腰痛がツラい人は、寝返りが少ない傾向にあるのです。

 

毎朝スッキリと起きれていれば問題ありませんが、朝起きた時に腰の痛みや疲れを感じる場合は、もしかすると寝返りが少ないことが原因かもしれません。

 

そこで今回は「寝返りと腰痛の関係」についてご紹介したいと思います。

船橋なつみ整骨院腰痛イメージ

 

寝起きの腰痛のメカニズム

 

就寝時、腰には体重の約4割の重さがかかります。

40代女性の平均体重53kgの場合、約22kg分の重みが腰に乗った状態になってしまい、寝返りを打たないと腰まわりの血管が圧迫される為に血流が滞って酸素が全身に行き渡らず酸欠状態になります。酸欠状態になると筋肉や白血球から痛みを引き起こす発痛物質が大量に発生し、これが腰痛を引き起こす原因となります。

定期的に寝返りができていれば、血液も循環するので酸欠状態になりにくく発痛物質も血液とともに流されるので寝起きの腰痛に悩まされにくくなります。

また、休日などに体を動かさずにゆっくり過ごされる方は同じ姿勢でいることが多い為、休み明けなど急に動き出す朝は腰痛を発症しやすいのです。

 

寝返りをしやすくするには?

 

あまり枕が柔らかいと頭が沈んでしまい、寝返りをうちづらくなります。また、幅の狭い枕も無意識のうちに寝返りを少なくさせるので幅が広いものがオススメです。さらに、硬さや幅だけではなく枕の高さも重要になります。これは、その人によって適した高さがありますので、タオルを折り重ねてみるなどして好みの高さを自分なりに探してみましょう。

「自分の体格にあった枕を使う」ことが大切です。

 

寝間着

寝間着は摩擦が少ないものを選ぶと良いでしょう。摩擦の大きい衣類は寝返りをしにくくさせます。特にモコモコしたパジャマ、フリース、スウェットなどは避けた方がいいかもしれません。逆に綿、麻、シルクはサラサラしていて摩擦が小さいのでオススメです。

ちなみに、毛布も摩擦が大きいので、まず最初に布団を掛けてから、その上に毛布の掛けてあげた方が摩擦が少なく寝返りしやすくなります。

 

ベッドの位置

ベッドや敷き布団のスペースを広くとるようにしましょう。

就寝時も無意識に壁の圧迫感を感じ寝返りをしにくくさせます。壁からは50cm以上離すことが望ましいです。

また、腰痛がツラい方は子どもとの添い寝もなるべく避けた方が良いです。人や動物が隣にいると、そちらの方へ無意識に寝返りを打たなくなります。

  
 
この3つのポイントに気を付け、寝返りが打ちやすい環境を整えましょう。

そうすることで、寝起きの腰痛が改善することと思います。

 

それでもまだ腰痛でお困りの方、骨盤が歪んでるのではないか?と思われている方は、船橋 夏見・夏見台の なつみ整骨院までお気軽にご相談ください。

 

ありがとうございました。

交通事故治療で知っておきたいこと【船橋 夏見 なつみ整骨院】

2018年03月14日

みなさんこんにちは。

船橋 夏見・夏見台整体、骨盤矯正、交通事故治療をおこなっております、なつみ整骨院

す。

 

最近、当院には交通事故に遭われてしまった方が多くいらっしゃいます。

 

船橋なつみ整骨院交通事故イメージ

 

 

その方たちの多くが

病院と整骨院どちらがいいのかわからない

費用がかかるのか?

どのくらい通ったらいいの?

 

 

など、交通事故に遭うことなどめったにないので、色々とお困りなことが多いようです。

 

そこで今回は交通事故治療で知っておきたいことをご紹介したいと思います。

 

 

整骨院と病院の併用が可能です

 

まず前提として、交通事故治療では医療機関(整形外科・病院)と整骨院での治療を併用することができます。

 

ですので、交通事故に遭った場合は、まずは必ず医療機関(病院・整形外科)にて診察を受け医師による正式な診断書をもらいましょう。

その際、少しでも痛み・シビレ・違和感がある部位については、事故に関係あるなしを自分で判断せず、必ず医師に相談しましょう。

「この痛み・違和感は交通事故に遭う前からあったから」と、医師の診察を受けていないと後日、重篤化した際に交通事故との因果関係が証明されず、保障を受けられないことがあります。

また、交通事故に遭って、しばらくしてから違う部位に痛みが出た場合も、必ず医療機関で診察を受け診断書をもらうようにしましょう。

 

医療機関(病院・整形外科)の役割

 

医療機関(病院・整形外科)では検査や手術、投薬など重大なケガに対する治療が中心になります。

MRIやレントゲンなどによる検査にて骨や組織へのダメージを診断したり、痛みがある場合は、痛み止めや湿布を処方してもらうこともできます。また、外傷や骨折などの大きなケガを負った場合は通院(場合によっては入院)が必要になることもあります。

 

整骨院の役割

  整骨院では、柔道整復師という国家資格を有した治療の専門家が主に手技による治療を行うのが特徴です。

医療機関(整形外科・病院)でMRIやレントゲンなどの検査を受け、異常ナシと判断されたされたのに痛みがあるという場合は、すぐにでも整骨院での診察を受けられることをお勧めします。

重篤な外傷や炎症がなければ、交通事故直後でも整骨院での治療が可能です。

 

柔道整復師の手技は、患者様一人一人に合わせ幅広い症状に対応できます。

 

また、交通事故で骨折しギプスで固定した場合、ギプスが取れた際にはリハビリが必要になります。交通事故後のリハビリは整骨院の得意分野です。

 

特に、ムチウチ(頸椎捻挫)・腰痛(腰部捻挫)・捻挫・打撲・肉離れといった症状は整骨院へいらして下さい。

なぜなら、これらの症状はMRIやレントゲンの検査ではわからないからです。本当は交通事故による衝撃で身体が損傷を受けているのに、その本当の原因が見つからないのです。

 

船橋 夏見・夏見台の なつみ整骨院では、患者様一人一人異なる筋肉の状態や全身のバランスを見ることで、痛みやシビレの本当の原因と見つけ、それにあった施術を行います。

 

 

上記ことより、医療機関(整形外科・病院)での症状の経過観察と並行して、整骨院でのリハビリをお勧めします。

 

交通事故治療の治療費は?

 

交通事故に遭ってしまい不安なのは、「体調面」だけでなく、「治療費」や「ケガによって仕事を休まなくてはならない」などがあると思います。

 

「治療費が結構かかるかも」と治療を受けられない方を稀に見受けられます。ですが、交通事故のケガは後になってから痛みが出てくることが多く、事故に遭った直後は大して自覚症状がなくても、悪化してくる可能性があります。最悪の場合、後遺症が残ることもあります。

 

交通事故治療は、自賠責保険によって自己負担ナシで受けることができます。(例外がありますので、あらかじめご相談ください)

 

正しい知識さえあれば、適切な保障を受けることができ、金銭的な心配をすることなく治療に専念できます。

もちろん、船橋 夏見・夏見台の なつみ整骨院でも交通事故の補償(治療費や慰謝料)を受けることができます。

 

*治療費:診察料、手術料、入院費、投薬料、応急手当費など

*慰謝料:交通事故によって生じた被害者の精神的な苦痛に対する賠償金

 

 

まずは、船橋 夏見・夏見台の なつみ整骨院にお電話を!

 

 

*当院では交通事故治療に限り、当日19時までにご予約いただいた場合、受付を21時まで行っております。

 

交通事故に遭われてお悩みの方、船橋 夏見・夏見台の なつみ整骨院までお気軽にご相談ください。

ありがとうございました。

「ぎっくり腰はクセになる」は本当か?【船橋 夏見 なつみ整骨院】

2018年03月8日

みなさんこんにちは。

船橋 夏見・夏見台整体、骨盤矯正、交通事故治療をおこなっております、なつみ整骨院です。

 

当院にぎっくり腰でいらっしゃる方のお話を伺うと、たいていの方が

 

毎年ぎっくり腰になる。クセになっている

 

とおっしゃいます。

はたして、ぎっくり腰は本当にクセになるのでしょうか?

今回はぎっくり腰についてお話ししたいと思います。

船橋なつみ整骨院ぎっくり腰イメージ

 

そもそも、ぎっくり腰とは俗称で本当の病名は「急性腰痛症」といいます。

ある地方では、ぎっくり腰のことを「びっくり腰」と言うところもあるそうです。

また、ヨーロッパでは”魔女の一撃”なんて言われることもあります。

 

荷物を持ち上げる際など、ふとした瞬間に腰に激痛がはしり動けなくなる症状として有名ですよね。

ぎっくり腰になったことがある方は多いのではないでしょうか?

 

ぎっくり腰は、腰まわりの筋肉が硬直・痙攣・捻挫することにより炎症を起こし、腰に激しい痛みがでると考えられています。

 

 

この、ぎっくり腰 本当にクセになるのでしょうか?

 

結論から言えば、ぎっくり腰はクセにはなりません!!

 

 

「ぎっくり腰がクセになっている」とか、「毎年いつもぎっくり腰を起こしている」という方がいらっしゃいますが、それはぎっくり腰がクセになっているのではなくて、しっかりとした根本の改善ができていない為に、ぎっくり腰を繰り返してしまうのです。

 

 人間の身体は優れた順応性を持っていて、常に現在の状態に慣れようとしています。

また、本来備わった自然治癒力により、痛みは治まり回復はします。

 

ただ、その状態は原因を取り除いたわけではなく、痛みが治まっただけなのです。

 

原因は残ったままなので、また疲労が重なると、ぎっくり腰になってしまいます。

 

その為に、ぎっくり腰はクセになりやすいという認識を持っているのだと思います。

 

 

ぎっくり腰になってしまう原因の一つに背骨・骨盤の歪みがあげられます。

背骨・骨盤の歪みを取ることで、正しい姿勢が維持できるようになれば、いつも悩まされるぎっくり腰ともサヨナラをすることができるようになるのです。

 

船橋 夏見・夏見台の なつみ整骨院では、当院オリジナルの「根本改善整体」にて背骨・骨盤の歪みを正し、筋肉の緊張を取ることで、ぎっくり腰の再発を防ぎます。

 

(詳しい治療方法はこちら:船橋 夏見 なつみ整骨院の「根本改善整体」

 

 

ぎっくり腰を繰り返してお困りの方、骨盤が歪んでるのではないか?と思われている方は、船橋 夏見・夏見台の なつみ整骨院までお気軽にご相談ください。

ありがとうございました。

産後の尿もれでお困りの方【船橋 夏見 なつみ整骨院】

2018年03月2日

みなさんこんにちは。

船橋 夏見・夏見台整体、骨盤矯正、交通事故治療をおこなっております、なつみ整骨院です。

 

なつみ整骨院では産後骨盤矯正を行っているのですが、訴える症状の中で「尿もれ」でお困りな方を多々お見受けします。

なぜ尿もれは起こるのでしょうか?

 

船橋なつみ整骨院尿もれイメージ

 

そこで今回は多くの女性が悩んでいる尿もれについてご説明したいと思います。

尿もれとは

 

尿意がないのにトイレ以外の場所で尿が漏れてしまい、生活上・衛生上で問題となるものを「尿もれ」と言います。

幅広い年代で起こる可能性がある症状ではあるのですが、40歳以上の女性の約4割がこの悩みを抱えていると言われてます。

命にかかわる問題ではないために、「恥ずかしいから」という羞恥心により誰にも相談できず一人で悩んでいたり、「年のせいだから」とあきらめてしまっていたり、「どこに相談していいかわからない」と困っている方がとても多いようです。

また、尿もれは男性よりも女性に多いのも特徴の一つです。女性の尿道は男性に比べ太くて短く、出口まで直線的に伸びている為、尿もれを起こりやすいとされています。

 

多くの方が抱えている「良くある症状」ですが、尿もれは、れっきとした病気です。しかも治療をすればよくなる病気なのです。

 

 

尿もれの種類

 

尿もれには原因や漏れ方によって、いくつかのタイプがあります。

 

 ①腹圧性尿もれ:咳やくしゃみなど、お腹に力がかかった拍子に漏れる

 ②切迫性尿もれ:トイレに行きたいと思ったら我慢できない(膀胱炎の時など)

 ③その他:機能性尿もれ、真性尿もれ、溢流性尿もれ、反射性尿もれ

 

①一番お悩みが多い「腹圧性尿もれ」

 

せき、くしゃみをした時大笑いした時」「重い物を持った時」「スポーツや運動の際など、お腹に力が入った瞬間に、その圧力により少量の尿が漏れてしまう症状のことを「腹圧性尿もれ」と言います。ほかにも「冬の時期」「冷えた時」などにも多いようです。

 

40代の女性に起きる尿もれの8割以上がこのタイプに当てはまります。

 

腹圧性尿もれの原因

 

女性の骨盤の中には、子宮・膣・卵巣・膀胱・尿道・直腸・肛門など色々な臓器がおさまっています。これらの臓器を下からしっかり支えている筋肉が骨盤底筋です。

この骨盤底筋が妊娠や経膣分娩による出産、更年期のホルモン低下、肥満などが原因となり、骨盤底筋が弱くなってゆるんでしまうことで、腹圧性尿もれの原因となります。

また、2回以上出産経験がある女性は発症率が高くなります。これは分娩時の骨盤底筋へのダメージが大きく関係しています。

ほかにも、肥満と腹圧性尿もれの関係についての研究結果があり、減量することで尿もれが改善することが報告されています。

 

②高齢者によくみられる「切迫性尿もれ」

 

「トイレに行きたい」と思っても、トイレまで我慢できず漏らしてしまうというようなタイプです。
トイレのドアノブに手をかけたり、トイレで下着をおろしている際に漏らしてしまうのも切迫性尿もれになります。

腹圧性尿もれよりも尿漏れの量が多く、高齢者に多くみられます。

通常は、尿が膀胱にたまると脳から指令で尿道の筋肉を調節し排尿にいたるのですが、脳と膀胱の連携が乱れて膀胱が過敏になってしまったり、骨盤底筋がゆるむことでコントロールできなくなるために起こると考えられます。

また、膀胱炎などの感染症によっても起こることがあります。

 

③他の病気が要因となる「機能性尿もれ」

 

排尿の機能は正常ですが、高齢による運動機能低下や脳卒中の後遺症などによる歩行障害などでトイレに間に合わなかったり、アルツハイマーなどの病気で判断ができないためにトイレ以外の場所に漏らしてしまうような症状を「機能性尿もれ」と言い、高齢者に多くみられます。

 

骨盤底筋を健康な状態に!

 

骨盤底筋が正常な状態であれば、瞬間的にお腹に力がかかっても、骨盤底筋が反射的に尿道口を締め、尿もれを防いでくれます。
しかし、骨盤底筋が緩むと、とっさに尿道口をキュッと締めることができず尿が漏れてしまいます。

尿もれは骨盤底筋が緩んでいるサインとも言えます。

 

船橋 夏見・夏見台の なつみ整骨院では産後骨盤矯正と適切なトレーニングを行うことで、産後の尿もれを改善させていきます。

なつみ整骨院で行っている産後骨盤矯正は、バキバキ痛みを伴う矯正ではありませんので、どなたでも受けていただくことができます。

 

骨盤底筋の役割を知り、意識しながら骨盤底筋トレーニングを習慣的に行って尿もれを改善していきましょう!!

 

 

産後の尿もれでお悩みの方、産後骨盤矯正にご興味がある方、船橋 夏見・夏見台の なつみ整骨院までお気軽にご相談ください。

ありがとうございました。



船橋 なつみ整骨院のおすすめ施術

船橋 なつみ整骨院 根本改善整体

船橋 なつみ整骨院 産後骨盤矯正

船橋 なつみ整骨院の施術の流れ

船橋 なつみ整骨院 根本改善整体