腰椎椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の違いについて【船橋 夏見 なつみ整骨院】

2017年12月30日

みなさんこんにちは。

船橋 夏見・夏見台整体、骨盤矯正、交通事故治療をおこなっております、なつみ整骨院です。

 

突然ですが、みなさんは、腰椎椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の違いってご存知でしょうか?

 

どちらも腰痛に関連することはお分かりの事と思います。腰椎椎間板ヘルニアとは、坐骨神経痛などを引き起こす病気の名前です。坐骨神経痛とは症状名で、坐骨神経が痛いから坐骨神経痛と言います。頭が痛いことを頭痛と言うのと同じことです。

 

腰椎椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の関係性は、風邪と発熱の関係に似てると言えます。「腰椎椎間板ヘルニア」「風邪」は病名、「坐骨神経痛」「発熱」は症状になります。

風邪という病気のために熱が出るのと同じで、腰椎椎間板ヘルニアという病気のために坐骨神経痛が起こるのです。

 

また、風邪であっても熱が出なかったり、違う病気でも熱が出ることもあるのと同じように、腰椎椎間板ヘルニアだからといって、必ずしも坐骨神経痛が起こるわけではありませんし、坐骨神経痛が起こったからといって、腰椎椎間板ヘルニアだとは限りません。

 

船橋 夏見・夏見台の なつみ整骨院では、画像診断と、身体の動き等の検査をさせていただき、身体のどこが原因で痛みを出しているかを特定していきます。そして、それを元に身体の土台である背骨・骨盤に、なつみ整骨院オリジナル「根本改善整体」にて施術していき、身体本来のバランスに戻していきます。椎間板ヘルニアの症状を改善するには、身体の中心である、背骨・骨盤の歪みを矯正し、バランスを整えることが、症状改善の第一歩と考えています。

また、背骨・骨盤だけでなく、筋肉に対しても、表面の筋肉ではなく、深層筋に対して施術を行い、腰の痛みを直接起こしている筋肉に対してピンポイントに刺激を与え、治療を行います。

最後に、弱っている筋肉を特定し、その筋肉に対して、エクササイズの指導をさせて頂くことで、痛みにくい身体づくりをしてまいります。

 

 

腰痛や椎間板ヘルニアでお困りの方、骨盤が歪んでるのではないか?と思われている方は、船橋 夏見・夏見台の なつみ整骨院までお気軽にご相談ください。

ありがとうございました。

腰痛と足の痺れでお困りのMさん(北本町)の症例【船橋 夏見 なつみ整骨院】

2017年12月18日

みなさんこんにちは。

船橋 夏見・夏見台整体、骨盤矯正、交通事故治療をおこなっております、なつみ整骨院です。

 

今回は腰痛と足の痺れで、船橋 夏見・夏見台の なつみ整骨院に来院された患者様の症状を交えて、ご紹介したいと思います。

 

お名前:Mさん(73)

性 別:男性

職 業:元技術職(昨年リタイヤ)

 

船橋市北本町にお住まいのMさんは、2か月ほど前から、突然、腰痛と左臀部あたりにジワ~っと坐骨神経痛を感じるようになり、当院のホームページを見て来院されました。

 

詳しくお話しを伺ってみると、

 

腰痛は25年ほど前からあったようで、1年ほど前にも腰痛が酷くなり、整形外科を受診し、MRIを撮ったのですが、加齢の為と言われたそうです。

また、痛み止め、塗り薬が処方され、電気と赤外線をあてていたのですが、あまり効果がなかったようです。

 

他にも、

座っていると腰痛が酷い

左のお尻~左モモにかけてジワ~っと痛む

左のスネが痺れる感じ、つる

痛み止めの薬を飲まないとシンドイ

コルセットを使っている

 

と、お話ししてくれました。

 

さっそく、検査をさせて頂いたところ、Mさんの背骨・骨盤は歪んでおり、また、左右の足の筋肉のバランスが悪いことがわかりました。

 

そこで、Mさんに、なつみ整骨院オリジナルの「根本改善整体」での、背骨・骨盤矯正と筋肉のバランスを整えることを提案いたしました。

 

根本改善整体で背骨・骨盤の歪みを矯正し、筋肉のバランスを整えた結果、

 

・2回目(初診から3日後)の際には

左モモの痛みが⑩→②になった

 

・3回目(初診から6日後)の際には

左スネもそんなに痛くなくなった

 

と、腰痛も順調に改善していき、

 

・6回目(初診から1月後)の際には

尻、モモ、スネの痛みは全然でなくなった

 

と、言って頂けるまで回復していきました。

 

今現在は腰痛の症状に悩まされることなく、大好きな読書の為に2km離れた図書館まで、しょっちゅう歩いて通っていらっしゃいます。

また、今後は、月一回のペースで根本改善整体を受けていただき、腰痛がでにくい身体作りをしていく予定です。

 

なつみ整骨院で行っている、根本改善整体による背骨・骨盤矯正はバキバキ痛みを伴う矯正ではありませんので、どなたでも受けていただくことができます。

 

この施術をおこなうことができるのは船橋市でも なつみ整骨院だけです。

 

 

腰痛や坐骨神経痛でお困りの方、骨盤が歪んでるのではないか?と思われている方は、船橋 夏見・夏見台の なつみ整骨院までお気軽にご相談ください。

ありがとうございました。

年末年始休診のお知らせ【船橋 夏見 なつみ整骨院】

2017年12月14日

船橋 夏見・夏見台整体、骨盤矯正、交通事故治療をおこなっております、なつみ整骨院です。

 

いよいよ年末が近づいてきましたね。 皆様も何かとお忙しくされているとは思いますが、体調管理には気をつけて下さいね。

 

 《年末年始の休診のご連絡》

 ★12月30日(土)午後から休診

 ★12月31日(日)休診

 ★ 1月 1日(月)休診

 ★ 1月 2日(火)休診

 ★ 1月 3日(水)休診

 ★ 1月 4日(木)通常通り

 

  皆様が良い年を迎えられるよう、スタッフ一同全力でサポートしてまいります!

  年末までにお身体の不調を治していきましょう!!

 

*************************************************
船橋 夏見・夏見台の 口コミ高評価 『なつみ整骨院』

TEL:047-411-7230 (※予約優先制です。)

 

<営業時間>

月曜〜金曜 (午前)     8:00〜 12:00 (午後) 14:30〜 19:30 

土曜    (午前)     8:00〜 12:00 (午後) 14:30 〜18:00

※日曜日・祝日は休診

※交通事故治療は平日 夜9時まで受け付けております(当日午後7時までに予約の方のみ)

 

船橋 夏見・夏見台 なつみ整骨院の公式HPはコチラ

船橋 夏見・夏見台 なつみ整骨院の【根本改善整体】について詳しくはコチラ

 

産後骨盤矯正を成功させる為の5つのポイント【船橋 夏見 なつみ整骨院】

2017年12月13日

みなさんこんにちは。

船橋 夏見・夏見台整体、骨盤矯正、交通事故治療をおこなっております、なつみ整骨院です。

 

出産後、体重は戻ったけど、体型が戻らなかった…
出産後、肩こり・腰痛がひどくなった

 

このような悩みを抱えているママさん多くありませんか?

こうした悩みの原因の1つとして、「背骨・骨盤の歪み」があげられます。

「出産したから仕方ない」と諦めるのは、まだ早いです!!

産後でも、これからご紹介する5つのポイントをおさえて産後骨盤矯正をすることで、悩みを解消することができます。

 

1.産後骨盤矯正に最適な時期は「産後1、2ヶ月〜半年」くらい

妊娠すると、体内で「リラキシン」という女性ホルモンが分泌されます。リラキシンには全身の靭帯の結合を緩める働きがあります。この働きにより、出産時には骨盤が大きく開くようになり、出産しやすい身体に変わります。

このようにリラキシンの影響もあり、産後の女性の身体はとても柔軟性がある状態ですので、産後骨盤矯正には絶好の機会だと言えます。

産後6ヶ月を過ぎた辺りになると、リラキシンの影響も少なくなり、骨盤が動きづらくなります。 そのため、産後骨盤矯正は産後6ヶ月までに始めることで、高い効果が期待できます。

 

2.日常生活での姿勢を良くすることが大切!

当たり前のことと感じる方も多いかもしれませんが、日頃から姿勢を正しく保つことは非常に大切なポイントです。産後骨盤矯正にて歪みが改善されても、日常生活での姿勢が悪ければ、また歪んできてしまう可能性が大きいです。
 
・授乳中も猫背にならないように、赤ちゃんの下にクッションなどを使用する

・足組んで座ったり、横座りなどは避ける

・バッグなどを同じ手で持たない、同じ肩にかけない

などを心がけ、なるべく日頃から正しい姿勢を意識するようにしましょう。

 

3.インナーマッスルを鍛えましょう!

インナーマッスルとは、身体の深部にある筋肉のことを指します。身体を正しい姿勢に保つよう調整する役割があり、骨盤にも関連がある筋肉です。 このインナーマッスルを鍛えることにより、背骨・骨盤を正しい位置に戻す効果が期待できます。 インナーマッスルを鍛えるには、身体に軽度の負荷がかかる有酸素運動がオススメです。中でも、ヨガ、ピラティス、ウォーキング、アクアビクスなどがオススメです。ダイエットやストレス解消にもなりますので、数時間程度、家族に赤ちゃんのお世話をお願いできる方は、試してみてはいかがでしょうか?

産後の週数に合わせた内容で、身体にあまり負担がかからないようにゆっくり進めることが大切です。めまい・動悸なども注意が必要です。身体の様子を見つつ、気をつけて取り組みましょう。

 

4.ストレッチなどで柔軟性をUP!

有酸素運動の効果をさらに高めるには、ストレッチなどで身体の柔軟性を高めてからエクササイズするのがオススメです。産後すぐ始めることもできますが、産後1ヶ月ほどは、悪露(おろ)と呼ばれる子宮からの出血など、出産による影響が出やすい時期です。そういう意味でも1ヶ月検診が終わってからの方が安心です。

 

5.骨盤ベルトや産後用ガードルなどを着用する

育児をしながら継続して運動するのは難しいママさんも多いかと思います。そんな時は、骨盤ベルトや産後用ガードルなどの着用がオススメです。着用するだけで骨盤矯正の効果が期待できます。 産後2週間くらいから利用できるサポート力が緩やかなタイプもあります。あまり早い時期からサポート力が強いタイプを使用すると、逆に悪影響を及ぼす可能性も考えられますので、産後の時期や体調を見て適切な製品を選ぶようにしましょう。

 

 

船橋 夏見・夏見台の なつみ整骨院では、国家資格である柔道整復師の資格を持つスタッフが、手技によって歪んだ背骨・骨盤を元の正しい位置に戻すことで、みなさまの様々な悩みを解決させて頂きます。

また、子育て経験のある女性スタッフが常駐していますので、お子様連れでも安心して施術を受けて頂けます。

 

産後骨盤矯正にご興味がある方は、船橋 夏見・夏見台の なつみ整骨院までお気軽にご相談ください。

ありがとうございました。

突然の痛み。必ずしも ぎっくり腰とは限りません【船橋 夏見 なつみ整骨院】

2017年12月5日

みなさんこんにちは。

船橋 夏見・夏見台整体、骨盤矯正、交通事故治療をおこなっております、なつみ整骨院です。

 

みなさんは、何の前触れもなく「突然腰に強烈な痛みが走り、その場から動けなくなってしまった。」そのような経験はありませんでしょうか?

 

こうした症状は、一般的に「ぎっくり腰」だと思われがちですが、必ずしも、ぎっくり腰だとは限りません。「変形性腰椎症」や「椎間板ヘルニア」などの可能性もあります。今回は、それぞれの症状や原因について解説していきたいと思います。

 

ぎっくり腰(急性腰椎症)とは?

ぎっくり腰で代表的な症状と言えば、ご存じの方も多いと思いますが、次の動作に移る瞬間、腰に強い痛みがはしり動けなくなってしまうといった症状です。
体を起こすことも歩くことできず、クシャミや咳をしただけで激痛が走る場合もあります。立っているのも困難で生活に支障をきたす方も少なくありません。

 

ぎっくり腰の原因は?

 ぎっくり腰の原因は様々ですが、一般的には、背中の骨がなんらかの異常をきたすことによって、腰まわりの筋肉が炎症を起こし、神経が圧迫されて、強い痛みが生じると言われています。

これといった前兆はありませんが、なんとなく腰が張っているなどの違和感を感じたら注意が必要です。

 

ぎっくり腰が起こりやすい時は?

 ぎっくり腰というと、重い物を持ち上げようとした際に発症するイメージがありますが、実際にはそういうケースばかりではありません。
下にある物を拾おうとした時、布団から起きる時、顔を洗う時など、何気ない日常生活における動作でぎっくり腰になる方が多いです。

 

ぎっくり腰になったら、まず冷やすこと!

 ぎっくり腰は、筋肉が炎症を起こしている状態なので、まずは痛みがでている患部を冷やすことが最優先です。
 
保冷剤や氷嚢などをタオルで巻いて患部に当てて、うつ伏せになり、安静にしてあげると効果的です。 患部の熱感が取れて炎症が治まれば、少しずつ動けるようになります。
  

変形性腰椎症とは?

背骨は椎骨という骨が積み重なってできています。それぞれ骨の間には椎間板と呼ばれる繊維軟骨がクッションの役割を果たしています。
  
これらの組織は、歳をとるごとに徐々に変形していきます。特に腰は可動範囲が広く、負荷がかかりやすいため、変形が進行しやすい部位です。その結果、腰痛が引き起こされるのです。

この症状のことを、「変形性腰椎症」と言います。

 

変形性腰椎症の症状

 変形性腰椎症は慢性的な腰痛です。最初は気づかない程度の痛みだったのに、突然強い痛みに変わることもあります。
そのために、ぎっくり腰と混同しやすいのですが、検査をしてみると、変形性腰椎症だったということも少なくありません。

さらに腰椎の変化により、その周辺にある靭帯などへの負担が大きくなり、血行不良を起こすことがあります。その場合、寝起きに痛みが増す傾向にありますが、動いているうちに痛みは軽減されます。

 

変形性腰椎症と年齢の関係

 変形性腰椎症は、加齢による椎間板の衰えなどから発症します。年齢とともに、椎間板の中にあるゼリー状の組織(髄核)が水分を失っていき、本来はクッションの役割をしている椎間板の弾力が低下するのです。

そうすると、椎間関節への負担が大きくなり、関節がすり減り、うまく噛み合わなくなっていきます。その結果、周辺にある組織にまで負担がかかるようになるのです。

 

椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアとは、背骨と背骨の間でクッションの役割をしている椎間板に、大きな力が加わるなど、なんらかの原因で本来の位置から椎間板の一部が飛び出してしまう状態をいいます。この、飛びだした椎間板の一部が神経を圧迫すると、腰や足に激しい痛みやシビレなどが症状として現れます。

 

椎間板の老化はいつから始まるの?

 椎間板ヘルニアの原因の一つでもある、椎間板の老化は10歳を過ぎた頃から少しずつ進行していきます。ですので、年齢とともに重量物を持ち上げたり、中腰になったときなどの、腰への負担が大きくなるのはそのためです。

また、意外に思われるかもしれませんが、仕事でのストレスなども椎間板の老化と無関係ではありません。継続的にストレスを受けることで自律神経に負担がかかり、姿勢を悪くする為ではないかと言われています。

 

椎間板ヘルニアの治療方法

 椎間板ヘルニアの治療には、手術など外科的治療と、リハビリなどによる保存療法があります。また、リハビリを受けながら、投薬治療やコルセットを使用することもあります。

保存療法は、外科的治療のように物理的に神経の圧迫を取り除くわけではないので、根本的な治療法とは言えませんが、痛みへの対処療法としては非常に有効です。

 

 

このように、急な腰痛のすべてがぎっくり腰とは限りません。ですが、腰まわりの骨や筋肉になんらかの異常がみられるという点では共通しています。
そのため、ぎっくり腰が疑われるような症状が出たら、背骨や骨盤だけに注目するのではなく、背骨・骨盤まわりの筋肉にも目を向けなければなりません。
 
腰まわりの筋肉のバランスが崩れれば、身体全体のバランスも崩れ、腰以外の様々な部位にも悪影響を及ぼします。なぜなら、患部をかばうことで、他の部位にも負担がかかっていることが十分に考えられるからです。重要なのは、患部だけではなく、体全体のバランスをみながら治療を行わなければならないということです。
 

ぎっくり腰でお困りの方、骨盤が歪んでるのではないか?と思われている方は、船橋 夏見・夏見台の なつみ整骨院までお気軽にご相談ください。

ありがとうございました。



船橋 なつみ整骨院のおすすめ施術

船橋 なつみ整骨院 根本改善整体

船橋 なつみ整骨院 産後骨盤矯正

船橋 なつみ整骨院の施術の流れ

船橋 なつみ整骨院 根本改善整体