ヘルニア

船橋の皆様へ!こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 腰痛がひどく、病院で手術をすすめられたが、できることなら手術をしたくない
  • 腰~足先にかけてシビレや痛みがある
  • 長時間歩くと腰まわりが痛くなる
  • 腰が痛くて長時間立っていられない
  • 特に、動きはじめの際、腰が痛くてツライ

 

 

ヘルニアとは?|船橋 夏見 なつみ整骨院

ヘルニアとは、ラテン語で「脱出」を意味するherniaが語源なのですが、臓器や組織が体内の裂け目を通って,本来の位置から脱出した状態のことをいいます。

 

みなさんが腰が痛くて訴えるヘルニアとは、ヘルニアの一種である、椎間板ヘルニアのことを指します。

 

椎間板ヘルニアとは、背骨と背骨の間でクッションの役割をしている椎間板に、大きな力が加わるなど、なんらかの原因で本来の位置から椎間板の一部が飛び出してしまう状態をいいます。この、飛びだした椎間板の一部が神経を圧迫すると、腰や足に激しい痛みやシビレなどが症状として現れます。

 

この症状を坐骨神経痛といい、椎間板ヘルニアの代表的な症状になります。

ヘルニアはなぜ起こる?|船橋 夏見 なつみ整骨院

椎間板は体を支えているため、なにをするわけでもなく、日常生活でも常に負荷がかかっています。

 

椎間板ヘルニアの原因はさまざまなのですが、20~40歳の男性に多く発症します。

椎間板は20歳を過ぎると、髄核の水分量が減ってくるため、負荷がかかると、線維輪に小さな亀裂が生じやすく、その結果、椎間板ヘルニアを発症します。

また、遺伝的要因もあることが、近年の研究でわかっており、家族に椎間板ヘルニアの方がいると、発症しやすく、特に年齢の若い方の椎間板ヘルニアには大きく関係しているようです。

 

他にも、下記のような原因が考えられます。

 

 ①交通事故などの外部からの強い圧力

 ②日常生活での姿勢の悪さ

 ③かがんで物を持ちあげるなどの、腰にかかる負荷が大きい重労働

 ④長時間の車の運転

 ⑤ゴルフやサッカーなど、頻繁に腰に強い捻りが加わる競技

 

などなど、椎間板ヘルニアの原因は多岐にわたります。

 

椎間板ヘルニアは、病院で医師からヘルニアと診断されても、必ず手術を行うわけではありません。もちろん、症状がひどい場合は手術の適応となりますが、症状によっては手術をせずに、改善できるケースも多々あります。実際、そのような患者様が多数、船橋 夏見・夏見台の なつみ整骨院には来院されています。みなさんも、手術をしないですむのであれば、しない方がいいですものね。

船橋 夏見 なつみ整骨院のヘルニアに対する治療法は?

船橋 夏見にある なつみ整骨院では、こうした椎間板ヘルニアの症状に対して、なつみ整骨院オリジナルの施術法「根本改善整体」を行っております。

 

画像診断と、身体の動き等を診させていただくことで、身体のどこが原因で痛みを出しているかを特定していき、それを元に、身体の土台である背骨・骨盤にアプローチをすることで、身体本来のバランスに戻していきます。椎間板ヘルニアの症状を改善するには、身体の中心である、背骨・骨盤の歪みを矯正し、バランスを整えることが、症状改善の第一歩と考えています。

 

また、背骨・骨盤だけでなく、筋肉に対しても、表面の筋肉ではなく、深層筋に対して施術を行い、腰の痛みを直接起こしている筋肉に対してピンポイントに刺激を与え、治療を行います。

 

最後に、弱っている筋肉を特定し、その筋肉に対して、エクササイズを行うことで、痛みにくい身体づくりをしてまいります。

 

 

腰の痛みや違和感、シビレなどでお悩みの方は、ぜひ一度、船橋 夏見・夏見台の なつみ整骨院まで、お気軽にご相談ください。

 

(詳しい治療方法はこちら:船橋 夏見 なつみ整骨院の「根本改善整体」

 

船橋 なつみ整骨院のおすすめ施術

船橋 なつみ整骨院 根本改善整体

船橋 なつみ整骨院 産後骨盤矯正

船橋 なつみ整骨院の施術の流れ

船橋 なつみ整骨院 根本改善整体